外反母趾とは

外反母趾と言うのは足の親指が変形してしまい、普通は真っ直ぐでなければならないのに、小指の方に曲がってしまっている状態の事を指していて、身体の中心から見た時に脚の親指が外側(つまり小指側)に曲がっていると言う事から「外反母趾」と呼ばれるようになったと言います。

外反母趾になる原因としては女性が良く履くハイヒールのせいではないのかと言う意見が多い様なのですが、そうとも限らず子供でも男性でも外反母趾になってしまう人もいると言います。原因としては足のアーチ型を作り出している中足関節の靭帯が緩んでしまっている事が原因となっているようです。これが主な原因なのですが、これを加速させているのが靴と言う事になります。関節が緩んで弱まってしまった所に靴を履く事によって足が靴の形になっていってしまうと言う事になるのです。

外反母趾は本当に大変な物で、身体が捻じれてしまっているのと一緒ですから、足指の痛みだけではなく頭痛、肩凝り、腰痛、肥満、と身体のあらゆる所に違和感や痛みを感じるようになります。治さない限り一生その痛みが続く事になってしまうので、きちんとした対応が必要になります。

外反母趾になってしまうとまずは身体全体のバランスが崩れてくるようになります。また足に力が入りにくくなってしまう為に歩き方もどこか不安定な感じになってしまいます。そうなると別なところでバランスを取ろうとしてしまうので、色々な所に障害が起きてくるようになると言う事になります。

外反母趾は女性に多い

外反母趾はイメージとして女性に多いと言われていますが、何故女性に多いのでしょうか?イメージ的にはつま先部分が細いハイヒールを履いているせいなのではないかと言われていますが、これはあまり関係がない様に思えます。何故なら男性でも小中学生のヒールを履かないような女の子でも外反母趾になってしまう場合もあるからだと言えます。

日本人は近代において、欧米人と同様靴を履いて過ごす時間が増えてきたように感じます。時間で言うと平均10時間以上は靴を履いているのではないかと言われています。これは1日の半分に相当しますよね。この長い時間足を圧迫してしまっている訳ですから靴はとても重要な物になり、特に女性はファッション性を重視した靴を好んで購入しますので、足先が窮屈な靴を履いて足が痛い思いをして我慢して履いている人も少なくはないと思います。ただこう書いてしまうと女性の靴が外反母趾の原因になっているのではないかと感じてしまいますが、これはあくまでも二次的な要因として考えられているだけで、今の日本の生活の洋風化、畳じゃ無くフローリングの生活、と言ったように足に関する環境が昔と変わってきた事から足が弱くなってしまった事が原因になっている様なのです。

また、男性より女性に外反母趾が多い理由としては筋肉の違いがあるのではないかと言われています。女性の方は男性よりどうしても筋肉は弱いです。その上に歩くときに足先に重心を集中させてしまってしまう為に力がどうしても衰えてしまうと言う事になります。これが男性より女性に外反母趾が多くなっている理由なのではないかと考えられています。

外反母趾の種類

【靭帯性外反母趾】
靭帯性外反母趾と言う外反母趾があります。この外反母趾は足の横部分にあるアーチを形作っている横中足靭帯という靭帯が伸びたり縮んだりしてしまった事が原因となって親指が小指側に曲がって来てしまうと言う状態の事を指しています。

こう言った外反母趾になる原因としては、私達の生活ベースが原因ではないかと言われていて、生まれた時から足を守る為に靴下を履かせるようにしたり、痛い所を歩かせない様にしたりして、小さいうちは絨毯の上など柔らかい所、外でもデコボコしていない平らな所など安全な所だけを歩かせてしまっている為に、足の力が無くなってしまって来ているのです。その結果足裏全体が衰えてしまった事が原因ではないかと言われています。

またこの外反母趾を強調させるのがヒールやパンプスなどだとも言われていて、これらの靴を履くと無意識に靴が脱げないように指をストッパーにして形を変えていく為に外反して行くという事みたいです。ですから靴も外反母趾になる二次的要因となるのです。

この外反母趾を放っておくと、歩く時に正しく歩けない為にどうしても身体にストレスがかかる様になります。そうなると身体的にバランスが崩れてくる為に様々な症状が生じてくるようになります。

どう言った症状が出てくるかと言うと、足の指や関節の痛み、むくみ、疲労骨折、足の長さが変わってしまう、頭痛、肩凝りとちょっと挙げただけでもすごい症状の数です。ですから外反母趾になってしまったら治す事をまず考えていかなければなりません。

外反母趾の足指の痛みを無くす【人差し指】

【人差し指の痛みを治す】
外反母趾になると人差し指の付け根部分に痛みを感じる人も増えて来る様です。最初の内は親指に気を取られたりするので何にも感じないとは思うのですが、段々痛みが出てくるようになったり、腫れてきたり、熱を持って来たりして最終的には激痛に変わってくるようになります。

また触る位で激痛が走る位まで症状が酷いのであれば、疲労骨折を起こしている可能性もありますので、あまり痛みを楽観視はしない様にする事が大切です。

外反母趾で人差し指が痛くなるって事をあまり耳にする事は少ないと思いますが、例えば1日中立ちっ放しで仕事をしている人や、1日中歩き回ったりしている人に多く見られるようです。これは外反母趾になってしまった親指を無意識の内にかばって歩いてしまう為に指を上げて歩くようになってしまうのです。そうなると人差し指の付け根部分の骨が直接床についてしまう様になる為に、骨が変形して来るようになるみたいなのです。ですから人差し指に激痛が走ってしまうと言う事になるのですが、この痛みを緩和させるためには、親指と人差し指を毎日マッサージする事が良いみたいです。でもマッサージのし過ぎは逆に足を痛めてしまいますので、適度に行う様にしましょう。また、外反母趾を矯正するテーピングなどを使用したり、靴を履くときは柔らかいインナーソールを入れるようにしたりして、足に直接かかる負担を軽くするなどした方がいいと思います。

外反母趾の原因

外反母趾が予防出来る原因というのがあります。外反母趾の原因となる一因に足先が細い靴を履くと言う事が挙げられますが、これはハイヒールが原因になるのではないかと言われています。外反母趾を予防する為に自分で出来る事と言うのはハイヒールを履かない事と言う事だけではないかと思います。

ハイヒールや爪先部分が細い靴は、靴によっては親指側の部分が小指側に向かって押されてしまう作りになっている物もある為に、そう言った靴を履いてしまうと外反母趾を引き起こしてしまいやすくなってしまいます。だからと言ってそう言う靴を履いたからと言って必ず外反母趾になってしまうのかと言うとそうではありません。足にも筋肉があり、外転筋と言う筋肉が押されて小指側に行ってしまった筋肉を元の位置に戻すと言う働きをします。ですから必ず外反母趾になると言う訳ではないのですが、靴を履いている時間を考えてみると、その状態が長い時間続くわけですから、その筋肉が負けてしまう可能性があるのです。そうなるとやっぱり外反母趾になってしまう可能性が出てくると言う事になりますよね。

ただ、爪先部分が細い靴が全て外反母趾の原因になるかと言うとそうではなく、ヒールの高さも関係があるのです。ヒールが高いと体重は全て爪先にかかるようになります。その割合が大きければ大きい程、負担がかかるようになり外反母趾になってしまう可能性が大きくなると言う事になるのです。ですから、ストラップがあるものや、ヒールが高過ぎない靴など自分で予防をする事も大切になります。

外反母趾の為のハイヒールの履き方

外反母趾になっている人にとってハイヒールはあまり履きたくない靴だと思います。しかし仕事の事情でどうしてもハイヒールを履かなければならないと言った場面も少なからずあるとは思うのですが、そんな時、外反母趾になる可能性を少しでも減らす為、外反母趾を悪化させないようにする為、靴の選び方や履き方を注意する必要があると言う事になると思います。

ハイヒールを買う時に選ぶコツですが、履いてみて足が前の方に滑らない物、歩くときに爪先部分に余裕が少しでもある物を選ぶのがコツだと思います。
ヒールがある靴を選ぶのであれば出来るだけ高さも低いやつを選ぶようにするのが良いとは思うのですが、更にストラップなどがあったり足の甲を覆ってくれる靴だったりして足が靴の中で遊ばない物を選ぶようにするのも良いと思います。

またハイヒールを履かなければならない時だけ履くようにして、それ以外の時間ではヒールがない靴やスニーカーなど用途によって履き分ける事も大切ですし、ハイヒールを履いたらあまり歩き回らない事も大切なのです。

外反母趾を防止する為には靴選びが重要です。チェックポイントは次の通りです。

【足の長さを正確に測る】
足の長さを測る為には踵から足の指の一番長い指+手の小指の幅の長さで測るようにしましょう。

【踵】
靴を履いてみて踵部分がすっぽ抜けたりしない物、踵がきつくない物、アキレス腱が靴の縁にきつく当たり過ぎない物を選ぶようにしましょう。

外反母趾とストッキング

ストッキングって皆さんどの位の頻度で履くのでしょうか?毎日履くのでしょうか?たまにしか履かないのでしょうか?OLさんとかになるとかなりの頻度で履いているのかもしれませんね。

外反母趾を進行させてしまう原因は筋肉や靴だけでは無く、ストッキングが関係あると言うのはご存じでしたでしょうか?まぁハイヒール程ではないと言う事ですがストッキングも外反母趾を進行させてしまうとはちょっとショックかもしれません。

ストッキングは一度履いてしまうと脱ぐ機会も必要も無い為に一日中履いている状態になるのである意味靴より長い時間履いている事になります。靴とストッキングの違う所は伸縮性がある為に良く伸びる事が出来る為圧迫感はそんなに感じないと思うのですが、伸縮性が逆に足を締め付けてしまう原因になってしまいます。足が締め付けられると親指は外側に曲がってしまう為一日中締め付けられてしまうような感じになってしまうのです。と言う事は足先に遊びが無い為に立っている時でも座っている時でもどんな時でも少しずつ足が外側に向いていっていると言う怖さがあるのです。

ですから、靴を選ぶ時には足がちょっとは靴の中で動くこと、爪先が三角形の形では無い事、ヒールは低い物を選ぶことが大切になってくると思います。

ですから出来れば履かなくていい時間帯はストッキングを履かない事、家に帰ったらすぐ脱ぐとか、パンツの時は靴下に替えてみるとかちょっとした工夫が必要になると思います。

靴で外反母趾を治療する

外反母趾になってしまうと靴を履くこと自体嫌になってしまいますよね。でも履かなければ何処にも出掛けられないし困ってしまうと思います。

でもその靴を使って外反母趾を治療する方法があるのです。
それが靴による保存療法なのですが、外反母趾を予防する靴があり、それを履くようにすると痛みを緩和させる事が出来ると言うのです。

では外反母趾を保存療法出来る靴と言うのは一体どんなものがあるのでしょうか?

外反母趾は足の親指が曲がってしまいますから単純に親指に靴が充たらないような爪先部分が広い靴を買えば良いのじゃないかと考えてしまうと思いますが、それは間違いで却って外反母趾を悪化させてしまう可能性があると言うのです。
確かに痛みは一時的に減るとは思いますが足が痛くないと足が油断をしてしまう為に足が広がってしまい、変形を進めさせたりしてしまうのです。

外反母趾を治療する靴を買う時にはいくつかポイントがありますので参考にしてみて下さい。

最初のポイントは外反母趾を予防する基本的な条件に合っているような靴を選ぶ事です。

次のポイントは足の親指の付け根部分、つまり親指の出っ張り部分にある痛い部分に靴が充たっていない靴を選ぶ事です。

足の中足骨が広がりすぎないように靴が足の脇をしっかりサポートしている靴を選ぶ事です。そうする事で外反母趾が悪化しない様に予防してくれます。

簡単に言うとこんな感じのポイントですがある程度の保存療法になりますので是非試してみてはいかがでしょうか。

外反母趾用治療靴を選びましょう

外反母趾を治療する為の方法の1つに靴を使って治すと言った方法があります。外反母趾で悩んでいる人にとってはとても魅力的な話だと思うのですが、そう言う治療用の靴と言うのはいったいどう言う所で買ったらいいのでしょうか?

まず靴の専門店などに行き、自分の足に合う靴を計測してもらいます。最近では百貨店などでもきちんと計測してくれる所がある為に、トライしやすいのではないかと思います。この時外反母趾の人でも足指が正常の形であると仮定して計測してもらいましょう。その時のポイントとしては、足の親指の付け根部分がきっちりと覆われていて、縫い目や靴の縁が当たらないような靴を選ぶようにしましょう。

外反母趾の人が靴を買おうとすると、痛くない靴を買おうと思いますのでどうしても足先が広い靴を選んでしまう様になります。それは避けたいから本来の足の形に合った靴を選ぶとなると出っ張ってしまった親指の付け根が当たってしまって痛くなると言う悪循環になりますので、その当たる場所を伸ばすと言う方法を取るのがベストになります。

その方法として一つ目に挙げられるのは、買った所でその場所を特別な機械を使って押し広げてもらう方法があります。次の方法としてはシュートストレッチャーを使う方法で、当たる場所に出っ張りを付けて押し広げます。最後に革を軟化させるスプレーを使う事です。これにより足の温度で靴が足の形に合う様に変形していきます。こうやって外反母趾を治す為の靴を選ぶようにしましょう。

外反母趾に足底板

外反母趾になってしまった人は偏平足や開張足になってしまう人が多いです。これは足の裏にあるアーチが崩れてしまう事が原因なのですが、偏平足などになってしまった結果外反母趾が悪化してしまうと言う悪循環に陥る場合があります。この悪循環に陥らない様に治療をする必要があると思います。外反母趾が悪化してしまうと歩く事自体が困難になってきますので是非治療をする様にしなければならないと思います。

その為には足の下に敷く装具があって、これを「足底板」と言う様に呼んでいます。それを装着する事により重心を変えたり、足の裏を部分的に盛り上げたりして圧迫したり緩めたりしてくれます。

これを装着する時のポイントとしては、靴の大きさと深さに注意しなくてはならないと言う事です。インソールを入れる時と同じように、「足底板」を靴の中に入れるときつくなってしまう可能性がある為に、それを考慮した靴を買う必要があると言う事です。ただ靴の中に入れるだけだから治療方法としてはとても簡単な様に思えると思いますが、これは自分の体重を利用した物です。ですから体重分矯正する力も強くなると言う事になるのです。ですからその分注意を払っていかなければならないと言う事なのです。

しかし、こう言う治療をする事によって外反母趾が改善してくるでしょうし、歩きやすくなってくると思いますので、是非最初はきついと思いますが我慢して治療していく様にした方が治るまでの近道になると思います。